新型フォレスター

2019年1月にフォレスターを商談中です。

車両本体価格9万円で、付属品(約41万円)からの値引き17万円を提示してきました。

その時の下取り車は12年落ちのフォルクスワーゲンのトゥーランハイラインで査定額は5万円でした。

店長クラスの人が出てきてこれ以上の値引きは無理というのですが、どうでしょうか?

スバルの販売店は車両本体の値引きを抑えて、その分の付属品の割引率を大きくして売り込みしてくる傾向があります。

質問のケースは値引きの合計が25万円をオーバーしているので、新型フォレスターとしては特上クラスと言えますね。

この条件でハンコを押しても構わないと思いますが、下取り車のトゥーランはスバルディーラーだけではなく、買取専門店にも査定させてみて比較させることをおすすめしています。

複数の買取専門店を集めてガレージオークションをやってみるとかなりの高値が付く場合がありますよ!

新型フォレスター 値引き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です